結婚式でお礼をする際の常識

新郎新婦

日本の結婚式では、サポートしてくれたスタッフや関係者に感謝の気持ちを表すお礼として「お心づけ」を渡すことがあります。お心づけには御祝儀という意味合いもあります。お心づけは、必ずしも必要なものではありません。結婚式を挙げる地域の風習によっても常識は違いますし、式場によってはお心づけを受け取ってはいけないと規定しているところもあります。

お心づけは金銭で渡すのが一般的で、数千円程度の金額を渡すことが多いようです。あまり高額だともらう方が恐縮してしまうので、相手に負担をかけずに受け取ってもらえる金額にするのも相手に対する気づかいになります。

また、ポチ袋などに入れておくのもマナーです。現金をそのまま渡すのは非常識とされています。それから断られてしまった時には、無理に渡すのは控えた方がいいと思います。会社の規定など相手にも都合があるので、お心づけは引っ込めて感謝の気持ちだけ伝えるのがスマートな方法です。

お心づけを受け取らない方針だったり、現金で渡すのが生々しくて嫌という場合には、人数分のお菓子などを菓子折りとして渡す方法もあります。その場合には、一人一人に分けやすいように個包装になっていて日持ちがするものが理想です。