結婚式では露出は控える

服装

結婚式の主役は間違いなく新郎新婦です。招待された女性側はきちんとした服装マナーに則って参加することが求められます。カラーリングも白は絶対に使ってはいけませんが、ベージュや黄色などを考えている場合には、写真などのことも考えると、白に見えてしまうことがあるので別の服装を考えた方が良いでしょう。

それ以外にも忘れやすいのがどれだけ露出して良いのかということです。基本的に日中に式に行くことが多いですから、肩は出してはいけません。体の線がくっきりと出てしまうようなタイプのドレスも悪目立ちしてしまいますから、準備する時には優しく穏やかな印象を持たせられるようなものを選びましょう。丈は膝が隠れるぐらいを意識して、自分の身長に合っているかどうかも気にしてみて下さい。足元まわりも忘れやすいのですが、ストッキングはベージュのものを着用しましょう。靴もヒール3cm以上のものを用意したいですが、オープントゥだとマナー違反になります。

あまり露出はしてはいけないとされていますが、結婚式が夜に行われる場合にはその限りではありません。とは言え、常識に則った格好ができているか気をつけて、当日も挨拶やその他のマナーも確認してから出かけましょう。