結婚式での写真を撮影

メイクアップ

写真を撮ることが得意な人は、友人などの結婚式で撮影係を頼まれることもあるでしょう。しかし一生の記念になるものを撮影しなければならないため、失敗しないようにすることが必要ですし、他の方の迷惑にならないように常識を守った上で行う必要があります。

まず撮影係の服装については、他のゲストと同じように礼装などを着ることが基本ですが、撮影するために動き回ることもあるため、あまり目立たないような控えめの服装にするのがポイントになります。そして撮影中のマナーについては、披露宴の雰囲気を壊さないようにすることがまず重要になります。撮影に夢中になるあまり他のゲストの視界を遮ったり、またはスピーチの最中にせわしなく動き回ったりするなどの行為は迷惑になってしまうため、よく周りの状況を確認しながら行うことが必要だと言えるでしょう。

また、撮影のコツとしては、装花やウェディングケーキなどの結婚式らしい要素を盛り込むことや、撮影する相手の表情が硬くならないように緊張をほぐしてあげるといったことなどが挙げられます。

さらに、とにかく沢山の枚数を撮影しておいたり、カメラを2台以上用意しておくなどすると、失敗やトラブルを未然に防ぐことに役立つでしょう。