結婚式で送るメッセージに気をつける

ハート

結婚式はとてもおめでたいことですから、通知がくれば何かしらお祝いのメッセージなどを返信します。親しき仲にも礼儀ありと言いますが、とりあえず返しておけばいいというわけではありませんから、常識を踏まえてお祝いできるようになりたいものです。

お祝いの気持ちを込めて誰もが言葉を選ぶのですが、それでも使ってはいけない言葉というものがあります。その中でもよく挙げられるのが忌み言葉です。別れる、切れる、壊れるというように、普段なら何気なく文章に使っている言葉でも、結婚式で使うには相応しくないというのは見ていて理解できるでしょう。それ以外にも、重ね言葉というものがあります。しばしば、ますます、いよいよという言葉は日常でもよく使いますから、それもダメなのかと驚くこともあるかもしれません。

電報や手紙などを送る際には例文も参照しながら、使ってはいけない言葉を入れていないかどうかチェックしておきましょう。自分らしい言葉でお祝いしたいという気持ちがあるのはとても素晴らしいことですから、文章を書いた後もすぐに発送するのではなくて、推敲したり誤字脱字もないように気をつけて、早く返せるようにすると、新郎新婦も喜んでくれるでしょう。