結婚式での和装マナー

プロポーズ

結婚式に招待されると、服装に迷ってしまいます。男性の場合は、ほとんど年齢関係なく礼服が多いですが、最近の若い男性の傾向は、余り常識に捉われず、シックなスーツに、シャツ、ネクタイと、余り派手でないものを着こなしているようです。女性の場合は年齢もありますが、まず洋装か和装かを決めなくてはなりません。

洋装はドレスかスーツですから、バッグや靴等をコーディネートするのは割と簡単です。和装の場合は、守らなければならない常識というかマナーがあります。

振袖は艶やかで、結婚式にはピッタリの装いです。けれど、振袖は未婚の女性しか着ることができないものです。ですから、出来れば成人式や披露宴等の式典には、振袖で出席したいものです。既婚になってしまうと、二度と着ることができないですし、機会も少ない筈です。ドレスの華やかさとは違い、日本古来の美しさがある着物は、やはり魅力的です。

既婚者になると、親族は黒留袖や色留袖を着ることになります。帯や帯締め、帯揚げ等も、留袖用のものを身に着けなければなりません。その点振袖は、自分好みの色合いの着物や小物が選べますから、思い切り自分を演出することができます。今はレンタルが主流ですから、早めに予約すれば好みの物がレンタルできるでしょう。