結婚式に誰を招待するかも常識の範疇で

新郎新婦

結婚式が決まると嬉しいものですが、プランによって呼べる人数は変わりますので、とにかくたくさん呼びたい人がいるからといって全員お招きできる訳ではありません。招待する人を決める時にも、後悔をしないように常識に則って両家でよく考えて決めましょう。そのうちやろうと思っているとあっという間に日にちが経つので、早めの準備をすることが大切です。

最初は二人でどんな式にしたいのかイメージをしながら、呼びたいと考えている人をとにかくリストアップしていきましょう。この段階ではまだ決定ではありませんので、忘れたりしないようにしっかりと話し合ってみましょう。テーブル配置のこともありますのでえ、主賓になる方、必ず招く方、それ以外の方というように大まかに分けて下さい。人数調整はそれ以外の方のところから話し合って決めていきましょう。

結婚式は晴れやかでとても誇らしいものですが、当日に至るまでの道のりも大変です。両親側でも意見があることが多いですから、どんな方を招待するのかは二人だけで決めてしまうのではなく、相談しながらチェックをしてもらうようにしましょう。全員で悔いのないように、家族間で話し合いもしながら決めて下さい。