DVDの上映時間について

花嫁

結婚式の披露宴では、演出の一つとして会場でDVDを上映することが多くありますが、その上映時間はどれぐらいにするのが常識なのか分からないという方も多いでしょう。そして結婚式の会場で流すDVDには、オープニングムービーと、プロフィールムービー、そしてエンドロールムービーの3つがあり、それぞれに上映のタイミングと上映時間の長さが違うということを知っておきましょう。

まず「オープニングムービー」は、新郎新婦が入場する直前に流すものであり、新郎新婦の名前を紹介したり、来ていただいたゲストへお礼を述べるといった内容になります。上映時間は、2分前後という短時間にまとめるのが一般的です。

次に「プロフィールムービー」は、お色直しのときに流すものであり、新郎新婦の生い立ちや出会いなどを時系列でまとめるという内容になります。上映時間は、5分程度にすると良いとされており、あまり長くなりすぎると飽きられる可能性があるため注意しましょう。

そして「エンドロールムービー」は、新郎新婦が退場した後に流すものであり、ゲストの名前や、メッセージなどを紹介し、締めの挨拶を入れるという内容になります。上映時間は、5分程度が一般的とされています。

結婚式ではPCを駆使して企画する

嫁入り道具

常識というのは、時代の変遷によって変わってきつつあります。結婚式でも、過去の時代においては仲人という立場の人がいて、披露宴の始まる前には、新郎新婦の紹介をするのが、当然のごとく行われていました。しかし、いまや、仲人が入る結婚式というのは、ほぼ皆無と見ていいでしょう。

昔は形式と秩序を大事にして挙式披露宴を行っていましたが、今では、祝福ムードがあふれている式や宴となるように、最大限の配慮をしています。新郎新婦はもちろん、招待客も一緒になって楽しめる演出が好まれる傾向にあります。そのために、昨今は新郎新婦の幼いころからの姿を紹介したムービーを作って、出席者に見てもらうという趣向が、半ば常識になってきています。

過去の写真をもとに、PCで編集して、ドラマ仕立てのムービーで新郎新婦をアピールするのは、思いのほか、強烈な印象を与えるものです。カップルが1,000組あれば、1,000のドラマが成り立つのです。それぞれに感動があり、訴えかけてくるものがあります。

新郎新婦にしても、あらためて自分たちが夫婦になったことを、強く自覚いたします。IT時代ですので、PCをフルに使って、ユニークなムービーを作ることで、印象深いセレモニーとなります。