結婚式で身につけるアクセサリー

ドリブル

結婚式に呼ばれて参列するときは、服装と同じようにアクセサリーについても常識やマナーを守る必要があります。その場にふさわしくないものを身に着けてしまうと、どれだけ高級で素敵なアクセサリーでも品が無いとみなされてしまうからです。

まずジュエリーについては、昼間に行われる結婚式の場合であれば、キラキラ光るようなものはNGというのが常識です。あくまでも主役は花嫁なので、あまり華美なものは避けるようにしましょう。ただし夜に式が行われる場合は、華やかなドレスと合わせたようなキラキラしたものでもOKとされているため、時間帯によって選ぶことも必要になります。

そして最も定番で無難だとされているのがパールを使ったアクセサリーであり、派手過ぎないフォーマルな印象を与えることができるため、迷ったときはパールを選ぶと間違いないと言えるでしょう。次にネックレスに関しては、パールの1連や一粒ダイヤのネックレスが定番とされており、こちらも派手すぎるものは避けたほうがよいと言えます。

さらにピアスやイヤリングについては、「家庭が揺れる」などの縁起の悪いイメージがあるという方もいるようですが、服装や髪型などに合ったものであれば、身に着けても特に問題はないと言えるでしょう。